古本買取のことと安くお目当ての雑誌をゲットする方法

個人的な話になり恐縮ですが、私は古本屋のセール情報を仕入れるとここぞとばかりに古本屋に開店すぐから駆け込む方です。何故、そのようなことになったかというと、最近古本屋がブームでセールを狙ったお客たちが我先にと買い物かごにお目当ての雑誌をいれていくからですね。その位、最近の古本屋さんは様々な雑誌、それも地方では売られていないようなレアな雑誌まで豊富に揃っていて見過ごせる環境ではなくなってきました。特にお気に入りの定価千円の雑誌が百円で買えたとしたら新品じゃなくても欲しくなります。その場合開店すぐから人気のある雑誌は瞬く間に売れていくので事前に欲しい雑誌の下見は欠かせません。そんな古本屋ですが、買い取りをお願いすることももちろんあります。なるべく新刊の方が買い取り価格はどこでも高いです。更に、高く買い取ってほしいという場合は、古本買取のシステムとしてレアなものほど高く売れます。

レアというのは初版であったり作家の直筆サインがあるもの。そして絶版してしまったものなど。一般では見ることのないものです。それからそのお店にもよりますが専門がわかれている場合、高く買い取ってもらえない場合があります。出来ればなるべくたくさんのお店で下取りしてもらうことをお勧めします。古本買取だけど小説専門のお店などこだわっているお店もありますので、まずは、お店に置いている本のジャンルを見てみるのもいいかもしれません。もっと簡単に下取り価格を調べる方法として、インターネットで古本買取で検索してみるのもいいでしょう。そして古本買取にはまず身分証明が必要になります。それから個人情報の記載をして査定をしてもらいます。査定時間は量やジャンルにもよって変わってくるので一概には言えません。そして査定が終わりお店側から値段を言われてその値段に納得したら取引成立です。最後にサインをして料金を受け取って終わりです。初めて売りに行かれる方は勝手がわからずレア本などをたたき売りされてあとで悔しい思いをしたという方もいらっしゃるので、ここはしっかりと自分が持っている売りたい本について調べてみましょう。雑誌や単行本などは本当に安く買い取られることが多いのであまり気にならないという方もいらっしゃいますが、中には写真集などは高額になる場合があります。

それだけ高くても欲しい人がいるわけですね。本の世界は実に奥深いです。もし、押入れの奥に眠っている本がありましたら一度下取りをお願いしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です