古本買取で主に参考書を引き取ってもらっています

私は学習塾に勤めています。多くの学年の多くの教科を担当しているため、たくさんの参考書に囲まれて、毎日を過ごしています。主に年度がわりの時期に、新しい参考書や、学校ごとの入試問題の過去問題集を購入しています。現在は、毎年のように、指導要領に変更があったり、学校によってカリキュラムが変わったりするので、参考書の内容も毎年のように変更があります。それに合わせて参考書を購入していると、気づけば、すごい数になっていることもあります。そうして増え続けると、塾は参考書と過去問題集だらけになってしまい、本棚に収まることができなくなります。定期的に売ったり処分したりして、減らしていかなくてはならなくなります。そのときに、前の年度までの参考書の中で、新しい年度のカリキュラムに対応しておらず、使うことができなくなったものを、古本買取の業者にお願いして、持っていってもらっています。

以前は、自分で歩いて、古本買取をしている古本屋などに持っていって売っていたのですが、あまりにも売る冊数が多く、それに伴って、重量が増えるので、歩いて持っていけなくなったのと、古本買取時の買取査定に時間がかかって、店内で長時間待っているのが嫌だったため、古本屋に持っていくのはやめました。かわりに、インターネットで古本買取を依頼して、近日中に車で塾まで取りに来てもらうという方式のサービスを頼むことにしました。その場合、ダンボールに詰める作業をこちらでやらなくてはならないので、その作業がちょっと面倒であったり、サイズがちょうどよいダンボールを手に入れるのが困難だったりはするのですが、重い本の山を自分で歩いて持っていくことを考えれば、そのくらいは苦ではありません。また、冊数が多いので、配送料も負担しなくてよいのが魅力的です。塾のように、専門的で最新の内容を教えなくてはならないところはこうして、ちょっとした違いのために、参考書を毎年とりかえなくてはなりませんが、自分の自習のために使ったり、ご家庭で子供を教えるために使ったりなどの場合は、最新のものを使う必要はないので、古本で良いと思います。要らなくなったからといって、捨ててしまっては、環境にも悪いので、古本買取という形で、再利用してもらえることを祈っています。

塾で使ったものは、たいがい一年くらいしか使っていないので、比較的新しくて、きれいですので、ぜひ、有効利用してもらえることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です